麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

 

この記事では、『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の相関とキャストの関係性をご紹介していきます!

 

現代韓国女性が高麗時代にタイムスリップし、少女の身体でイケメン皇子たちと暮らしていく異色の歴史ドラマ。

 

日本でも韓国でも高い支持を得ましたよね。

 

そこで今回は、『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の主要登場人物たちの相関を見ていきましょう!

 

ヒロインも皇子たちも、それぞれとても魅力的ですので、要チェックですよ。

 

 

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

ワン・ソ(イ・ジュンギ)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/212490/

本作の最重要人物がワン・ソですね。

 

高麗皇帝ワン・ゴンの第4皇子であり、後の皇帝・光宗。

 

本当は優しいのに、周囲からは怖い男だと思われています。

 

それもそのはず、ワン・ソは、実の母親によって、幼少期に虐待されていたからです。

 

さらに、息子の顔に傷をつけた彼の母は、息子を養子に送ったうえに、会うのも拒むのでした…。

 

兄弟たちからも冷遇されて、周囲から心を閉ざしていく、ワン・ソ。

 

しかし、ヘ・スとの恋が、そんな彼を変えていくことになるのです。

 

ヘ・ス/コ・ハジン(IU)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://tickled-pink.biz/

本作のヒロインであり、主要登場人物では唯一皇子でないのが、このヘ・スです。

 

もとは、コ・ハジンという韓国の化粧販売員でした。

 

それがひょんなことから高麗の少女の肉体へと、時代とともに移ってしまいます。

 

以後、ヘ・スとして、彼女は、ワン・ソやワン・ウクといった高麗の皇子たちと過ごしていくことに…。

 

最初はワン・ソを恐れ、ワン・ウクに惹かれていました。

 

が、最終的にはワン・ソと結ばれることになります。

 

1人で2人の人生を生きるという、大変な運命を背負った女性です。

 

ワン・ウク(カン・ハヌル)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://www.wowow.co.jp/detail/109585

皇帝ワン・ゴンの第8皇子で、ワン・ソとは異なり、一見、恵まれた境遇で育ちました。

 

しかし、外戚によって皇帝に祭り上げられようとしており、窮屈な毎日…。

 

これでは、正直、恵まれているのかいないのか、分かりません。

 

そこに現れたヘ・スによって、満ち足りた日々を送ることになります。

 

すでにヘ氏夫人と政略結婚をしつつ、愛を知らなかった、ワン・ウク。

 

ヘ・スと付き合うことによって、徐々に恋愛の楽しさを知ることになっていきました。

 

ワン・ム(キム・サノ)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://koreandrama.wpblog.jp/moon-lovers-scarlet-heart-ryeo-8/

皇帝ワン・ゴンの第1皇子(皇太子)であり、後に皇帝・恵宗となります。

 

兄弟の中では最も恵まれた生まれであるのが彼。

 

父親であるワン・ゴンからも愛されていました。

 

さらに、戦いにおいても秀でているという人物です。

 

性格も悪くありませんが、人がよすぎるのが、彼にとっては玉に瑕。

 

最終的に即位することはできますが、外戚が弱いのもネックです。

 

ワン・ヨ(ホン・ジョンヒョン)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://juntomo417.blog.jp/archives/10430325.html

皇帝ワン・ゴンの第3皇子で、後の皇帝・定宗です。

 

母親が皇后であるため地位は盤石ですが、皇太子ワン・ムの次に即位します。

 

皇帝になるための素質や境遇は完璧でした。

 

が、生まれたのが3番目なのだけが、彼の不運。

 

そのため、ワン・ムへの対抗意識は強く、性格もいいとはいえません…。

 

完璧主義者である反面、実は繊細な一面も。

 

ワン・ウン(ベクヒョン)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://juntomo417.blog.jp/archives/10429986.html

皇帝ワン・ゴンの第10皇子で、重臣のワン・ギュを外祖父に持ちます。

 

かなりの女性好きであり、皇帝になる素質はとてもないような人物です。

 

実は、ヘ・スと最初に仲良くなったのも彼でした。

 

しかし、結局は、将軍のパク・スギョンを父に持つパク・スンドクと政略結婚。

 

恋愛結婚ではなかったことで、当初は微妙だった夫婦関係。

 

やがてはなんとかうまくいくことになります。

 

ワン・ウク(ナム・ジュヒョク)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://navicon.jp/news/42125/

皇帝ワン・ゴンの第13皇子で、第8皇子とは同名。

 

区別するため、通常は「ペクア」と呼ばれています。

 

イケメン皇子たちの中でも最も美しく、女性からは絶大な人気を誇っている彼。

 

しかし、母親が新羅王族出身だったことがネックです。

 

つまり、もともと彼は、皇帝への望みは少ないという境遇なのでした。

 

基本的に政治に関わろうとしないものの、ちゃんと情報を把握してはいます。

 

ワン・ジョン(ジス)

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:http://hand8heart.wpblog.jp/moon-lovers-scarlet-heart-ryeo-6/

皇帝ワン・ゴンの第14皇子で、ワン・ヨやワン・ソは同母兄。

 

ワン・ヨやワン・ソよりも母親の愛情を受けて育ちました。

 

母親だけにとどまらず、みんなから愛されて育った、ワン・ジョン。

 

一見、とても幸せそうな皇子に見えますね。

 

ところが、あいにくヘ・スからは好かれず、悩んでいくことに…。

 

いろいろあったものの、次第にたくましい男性へと成長していきました。

 

『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』のキャストはこのようになっています。

 

それでは、お待ちかね!『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の日本語字幕動画を無料視聴する方法をご紹介していきます!

 

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの日本語字幕動画を無料視聴するには?

麗-花萌ゆる8人の皇子たち 日本語字幕 動画 無料

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000005358.html

韓国ドラマ『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』は、宮廷もののファンタジーという奇抜な設定なドラマで、他のドラマとは違う面白さがあり、一度観れば一気に全話見たくなること間違いなし!

 

ただ、やっぱりドラマを観るなら無料で観たいですよねー!!

 

そこで、『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』全話を日本語字幕で一気に観たいという方におすすめなのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

 

このU-NEXTでは、日本のドラマに限らず、今回ご紹介したドラマをはじめ最新の海外ドラマもDVDが発売される前から見ることが出来ます!

 

また、マルチデバイスにも対応しており、家にいる間だけでなくスマートフォンやタブレットなどでも視聴することが可能なので、好きな時に好きな場所で視聴することが出来るのです(≧∇≦)/

 

しかも、今なら31日間無料キャンペーンも開催されているので、最初の月はタダで動画が見放題となるのです!!

 

このキャンペーンはいつまで開催されるか分からないので、今のうちに登録しておくことをおすめします!

 

観たい作品にもサクサクと出会えるので、ぜひ『U-NEXT』を利用してみてください♪

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

U-NEXTで配信されている韓国ドラマだと、『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』の他にも、『上流社会』や『ヒーラー~最高の恋人~』『仮面』などが良く見られているので、チェックしてみてくださいね!

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので安全な方法で視聴することをおすすめします!!

>>【無料】U-NEXTはこちら!

 

まとめ

麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性は?

出典:https://tv.rakuten.co.jp/content/212047/

今回は、麗 花萌ゆる8人の皇子たちの相関とキャストの関係性をご紹介しました。

 

イケメン揃いの皇子たちがヒロインを巡り合う様子は女性なら憧れることでしょう。

 

キャストの関係性に注目しながら作品を見ればよりいっそう楽しめるはず!

 

あなたもぜひ『麗 花萌ゆる8人の皇子たち』を日本語字幕を『U-NEXT』を使って無料で安全快適に堪能してみましょう!

>>【無料】U-NEXTはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。