華政最終回のあらすじをネタバレ紹介!

華政最終回のあらすじをネタバレ紹介!

韓国の歴史ドラマの中でも大人気となっている『華政』。

 

名前は知っているものの一体どういうあらすじなのか、ご存じないという方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで今回は、華政最終回のあらすじをネタバレをご紹介していきます!

 

最終回は知りたくないという方は、くれぐれもご注意ください。

 

また、『華政』は、その後の朝鮮の歴史との関係も興味深いので、こちらも見ていくことにしましょう。

 

 

華政ってどんなドラマ?

華政最終回のあらすじをネタバレ紹介!

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/hwajung/smp/story/story17.html

朝鮮国王・宣祖の王子ながらも、長く不遇の立場にあった、光海君。

 

次期朝鮮国王になるべき存在であるのに、明からもそれを認めてもらえずにいたのです。

 

しかし、宣祖が急に亡くなってしまったことによって、なんとか朝鮮国王の地位につくことができたのでした。

 

一部では、対抗して永昌大君を擁立しようという動きもあったものの、結局、叶いませんでした。

 

ところが、やがて見つかった謎の文書の予言が恐れられて、宣祖の王女であるジョンミョンは、宮廷から追われる身となってしまいます。

 

とうとう、朝鮮から倭国(日本)へと逃げざるを得なくなった、ジョンミョン。

 

倭国で硫黄を作る能力を得たジョンミョンは、朝鮮の宮廷への復讐を誓います。

 

ジョンミョンは男装して、身分を偽ったうえで、かつては王女として過ごした宮廷へと戻っていくのです。

 

『華政』では、こういった政治闘争だけではなく、ジョンミョンが、ホン・ジュウォンやカン・イヌと三角関係になっていくという、恋愛要素についても必見となっております。

 

きっと、韓国ドラマファンであれば、楽しめることでしょう。

 

では、華政最終回のあらすじは一体どのようなものなのでしょうか?

 

華政最終回のあらすじは?(ネタバレ有り)

華政最終回のあらすじをネタバレ紹介!

出典:http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-2624.html

カン・ジュソンは、いったんは銃を撃つのをやめましたが、また撃つ気になってしまい、とうとうホン・ジュウォンに向かって発砲しました。

 

が、そんなホン・ジュウォンを守ろうとしたカン・イヌが、代わりに撃たれてしまうのでした。

 

皮肉にも自分の息子を撃ってしまった、カン・ジュソン。

 

カン・イヌが瀕死の状態となって、ジョンミョンは慌てふためくのですが、医師は救命することはもはや困難だという見立て。

 

とうとうカン・イヌは、ジョンミョンとホン・ジュウォンといっしょに戦えたことへの感謝を述べ、そのまま息を引き取ることに。

 

ジョンミョンとホン・ジュウォンは、戦闘への意志を改めて示します。

 

一方、カン・ジュソンに息子の死を告げに行く、ホン・ジュウォン。

 

息子は父親を恨んでいなかったということを聞くと、カン・ジュソンは悔しがるのでした。

 

その後、なんとか平和な時代を迎えることとなった、朝鮮。

 

ジョンミョンは、王女という身分を捨てて、一般人としてホン・ジュウォンとともに生きていくことに決めたのでした。

 

華政最終回のあらすじはこのようになっています。

 

では、そんな『華政(ファジョン)』に出演しているキャストをご紹介していきます!

 

 

華政(ファジョン)のキャストは?

朝鮮第15代目王光海(クァンヘ)

華政

出典:http://chaseungwon.blog.fc2.com/blog-entry-119.html

優雅で冷酷なカリスマ性名前はホン(琿)。宣祖の二男で、後宮の恭嬪キム氏の所生を演じるのはチャ・スンウォン。

 

出演ドラマ『最高の愛』『天使のキス』『シティーホール』など

 

クァンヘ義理の妹ジョンミョン

華政

出典:http://www.cinemart.co.jp/article/news/20160422000612.html

天の神託を受けた嫡統公主、朝鮮王朝第14代目国王の宣祖と仁穆王后の間で生まれた嫡統王孫であり、唯一の姫を演じるのはイ・ヨニ。

 

出演ドラマ『ミスコリア』『パラダイス牧場』『エデンの東』『九家の書』など

 

綾陽(ヌンヤン)君、仁祖(インジョ)

華政

出典:http://www.getitk.com/en/kim-jae-won-to-take-on-first-villain-role-in-hwajung-expresses-responsibility/

嫉妬に捕らわれた野心家、宣祖の五男定遠君の長男で、後に反正を起こし、第16代目君王の座に上がる人物を演じるのは、キム・ジェウォン。

 

出演ドラマ『スキャンダル』『私の心の声が聞こえる?』『偉大な遺産』など

 

名家の長男ホン・ジュウォン

華政

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/asa_kndr/56722595.html

悲劇的な恋に落ちた冷美男(冷酷で強いカリスマ性を持った美形な男)朝鮮の有力家門豊山ホン氏の一族で、当代一名門家の長子を演じるのはソ・ガンジュン。

 

出演ドラマ『ずる賢いバツイチの恋』『家族なのにどうして?』など。

 

カン一族の後継者ジュウォンの友人カン・イヌ

華政

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/asa_kndr/56722525.html

愛に捨てられ闇化したキングメーカー。

 

王室財産も下らない程の莫大な財産を持った家門の唯一の後継者を演じるのはハン・ジュワン

 

出演ドラマ『朝鮮ガンマン』など。

 

それではお待ちかね!華政(ファジョン)の日本語吹き替え動画を無料視聴するをご紹介していきます!

 

華政(ファジョン)の日本語吹き替え動画を無料視聴するには?

華政 あらすじ キャスト

出典:http://ljglove.blog.fc2.com/blog-category-7.html

悲劇の王女、貞明公主の波瀾万丈で波乱な生涯を描く、歴史エンターテインメント超大作“ヒロイン”時代劇『華政』は、一度観たら一気に全話を観たくなる作品。

 

ただ、やっぱり韓国ドラマを観るなら無料で観たいですよねー!!

 

そこで、華政(ファジョン)を一気に観たいという方におすすめなのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

 

このU-NEXTでは、日本のドラマに限らず、今回ご紹介した韓国ドラマをはじめ最新の海外ドラマもDVDが発売される前から見ることが出来ます!

 

また、マルチデバイスにも対応しており、家にいる間だけでなくスマートフォンやタブレットなどでも視聴することが可能なので、好きな時に好きな場所で視聴することが出来るのです(≧∇≦)/

 

しかも、今なら31日間無料キャンペーンも開催されているので、最初の月はタダで動画が見放題となるのです!!

 

このキャンペーンはいつまで開催されるか分からないので、今のうちに登録しておくことをおすめします!

 

観たい作品にもサクサクと出会えるので、ぜひ『U-NEXT』を利用してみてください♪

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

U-NEXTで配信されている韓国ドラマだと、『華政(ファジョン)』の他にも、『上流社会』や『ヒーラー~最高の恋人~』『仮面』などが良く見られているので、チェックしてみてくださいね!

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので安全な方法で視聴することをおすすめします!!

 

華政とその後の朝鮮の歴史は?

 

さて、時代劇である『華政』なのですが、その後の朝鮮の歴史も見ていきたいと思います。

 

はたして、ジョンミョンが作り上げた平和な朝鮮は、どうなっていったのでしょう。

 

光海君は第15代朝鮮国王です。

 

彼の後は、甥である仁祖が第16代朝鮮国王に。

 

その仁祖も亡くなると、第17代朝鮮国王として孝宗が登場しますが、彼は、北伐論を掲げ、清に対して好戦的な者たちが宮廷で出世していくことになります。

 

こうして、軍備拡大路線に走っていく孝宗でしたが、朝鮮の財政は困ったことになりました。

 

おまけに、北伐は叶わないまま、清の勢いがますます強まっていくのを見つつ、孝宗は亡くなるのです。

 

しかし、孝宗はけっして好戦的なだけの国王ではなく、ほかにも多くの実績を残しました。

 

光海君の治世で京畿道に導入された大同法という税法を、さらに忠清道と全羅道にも広めるなど、農民たちのために尽くしました。

 

ほか、『国朝宝鑑』をふたたび編纂するなどといった功績も。

 

以後、王位は、第18代の顕宗、第19代の粛宗へと受け継がれていきます。

 

粛宗の時代になると、また宮廷では政治闘争が盛んになっていくのでした。

 

やはり、朝鮮史は波乱に満ちたものとなっていくようですね。

 

あなたもぜひ『U-NEXT』を利用して『華政』の日本語字幕動画を無料で快適にお楽しみください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。