ラブコメ映画の洋画で新作おすすめ作品は?

 

この記事では、ラブコメ映画の洋画で新作おすすめ作品をご紹介していきます!

 

洋画には様々なジャンルがありますが、気軽に見れてそれでいて、見た後にハッピーな気分になるのはラブコメではないでしょうか?

 

そこで今回は、そんなラブコメの作品から、新作に限っておすすめのものをご紹介いたします!

 

今、恋愛真っ只中の人も、恋愛から離れている人も、失恋して最低な気分の人も、ぜひ見て見てくださいね!

 

元気になれること、間違いなし!!

 

 

ラブコメ映画の洋画で新作おすすめ作品は?

1:ウソはホントのはじまり

ラブコメ 映画 洋画 新作

出典:http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA0000QLD05

こちらは、2013年にアメリカで公開された映画です。日本で上映された映画館は少なかったのですが、そのストーリーの面白さと、共感度の高さ、そして心温まる主人公のやりとりに、ファンになる人が続出した1作です。

 

恋に不器用な主人公のサムは、その不器用さ故に、SNSから知った情報で理想のカレを演じ続けるハメになってしまいます。

 

小説家のサム(ジャスティン・ロング)は、カフェで働いているバーディー(エヴァン・レイチェル・ウッド)という女性に惹(ひ)かれる。

 

彼女のFacebookを見つけだし、料理に関心を持っており、社交ダンスを楽しみ、柔道が好きで、ギターを弾く男性がかっこいいと思っているなど、趣味や嗜好を調べ上げるサム。それを基にバーディーが理想とする男性に成り切り、偶然を装って彼女に近づく。

 

やがて彼の努力が実って恋仲になるが、本当の自分が愛されているわけではないと考えるようになり……。

 

SNSがきっかけで恋に落ちるという、現代ならではのコメディーですね!

 

それゆえに、共感してしまう人も続出で、見るものを男女問わず夢中にさせてしまいます。

 

ぜひ、一度ご覧になってみてくださいね!

 

2:ロブスター

ラブコメ 映画 洋画 新作

出典:http://luckynow.pics/the-lobster/

独身者は45日以内にパートナーを見つけることが出来なければ、動物の姿に変えられてしまうという「なんじゃそら!!」と突っ込みたくなる不条理すぎるコメディー。

 

出演はコリン・ファレル、レア・セドゥ、ベン・ウィショー。

 

ヨルゴス・ランティモス監督が作った2015年製作の映画です。

 

なんともすっ飛んだ設定ですが、これもコメディー映画の醍醐味。

 

それに、すっ飛んでいる割に、どんどんと引き込まれて言って、人生や恋愛についての真理が描かれていたりするんだから、コメディーって中毒性高いです。

 

妻と離婚した建築家のデヴィッド(コリン・ファレル)は、”独身者専用”のホテルに入れられた。ホテルに入り、45日間以内にパートナーが出来なければ、動物に姿を変えられてしまう。

 

デヴィッドの、犬に変えられてしまった”兄”と共にこの奇妙な生活が始まった。

 

ここで、足の悪い男(ベン・ウィショー)と滑舌の悪い男(ジョン・C・ライリー)に出会う。足の悪い男に何の動物になりたいか聞かれて、デヴィッドは”ロブスター”と答えた。

 

滑舌の悪い男は”オウム”になりたいと言う。ホテルでは、滞在日数を増やすために森で”人間狩り”を行ったり、カップルを作るために性教育やダンスパーティなどが催された。

 

ホテルに来て2日目、足の悪い男は鼻血の出やすい女(ジェシカ・バーデン)とカップルが成立した。

 

カップルが成立すると、ダブルベッドがある部屋に移り、2週間を過ごす。

 

次に湾内にあるヨットで生活した後、問題がなければ街に戻ることが出来るのだ。

 

だが、足の悪い男は鼻血が出ないのに出ると偽ってカップルになったのだ。

 

もし、この偽りがばれれば罰として、誰も望まない動物に変えられてしまう恐れがあるという。

 

デヴィッドは、共通点こそがカップルになる早道だと悟り、心のない女(アンゲリキ・パプーリア)にターゲットを決めた。

 

冷徹なふりをして彼女に近づき、カップルを成立させた。

 

しかし、ダブルベッドのある部屋に移ったその夜、愛する”兄”を無残にも、心のない女に殺されてしまう。

 

これに激怒したデヴィッドは、メイド(アリアーヌ・ラベド)と共に心のない女を麻酔銃で眠らせ、動物に変えてしまうのですが・・・。

 

ストーリーを読んでいるだけで、「???」と思うツッコミどころが満載ですね!

 

でも不思議と見てみたくなりませんか?

 

「なんの動物になりたいか聞かれて、ロブスターって答えるなよ!」って感じですが、じゃあ、私ならなんて答えるのか・・・。

 

是非一度、映画を見てから検討してみてください。

 

 

3:エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に

ラブコメ 映画 洋画 新作

出典:http://www.cinemacafe.net/article/img/2016/07/14/41956/231990.html

最後にご紹介するのは、青春ラブコメディーのこちらの作品。

 

1980年・夏。野球の推薦入学生として大学に通うことになった新入生のジェイクは、新学期がはじまる3日前に入寮する。

 

期待と不安をかかえたジェイクは、寮で暮らしている風変わりな先輩たちやルームメートに出会う。

 

面倒見の良い先輩のフィネガンの案内で大学をめぐっていたジェイクは、新入生で演劇専攻のビバリーにひと目惚れするが・・・。

 

80年代のテキサスを舞台に、新入生が新学期を迎えるまで3日間を描く「エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に。」は、「6才のボクが、大人になるまで。」で話題をさらったリチャード・リンクレイター監督の半自伝的な作品。

 

大学の寮に入った主人公ジェイクがくりひろげる、新学期が始まるまでの3日間のバカ騒ぎを描いたもの。

 

バカ話をし、音楽を聴いて、女の子と騒ぐ若者たちは、まだ何者でもない代わりに、これから何にでもなれる可能性に満ちています。

 

ジェイクは野球の推薦入学生ですが、田舎の高校ではスター選手だった彼も、野球エリートが集まる大学の野球部では、ただの新入生にすぎません。

 

ただ彼はスポーツだけの筋肉バカではなく、文学や音楽にも興味を示す文科系の香りがする青年で、これは監督自身を投影しているように思います。

 

高校生でもなく大学生でもない3日間。

 

大人への扉を開ける少し前。

 

夢のようなバカ騒ぎから新学期という現実へ。

 

80年代の音楽をめいっぱい使って、青春のきらめきだけを活写し、見終わった直後は「おバカな話!」と思ったこの映画ですが、時間がたてばたつほど、忘れがたい秀作へと昇華していくような、そんな不思議な作品です。

 

主人公の姿を通して、もう二度と戻らない輝いていた時間をスクリーンの中に見つけることができるのですね。

 

ぜひ、大人な皆さんも、青春真っ只中な皆さんも、一度手にとってみてくださいね。

 

以上が、ラブコメ映画のおすすめ作品となりますが、やはり一番気になるのは無料視聴できる方法をご紹介していきます!

 

ラブコメ映画・ドラマを無料視聴するには?

ストレスなく見れて、悲しい時もテンションが高い時も、元気を分かち合えるラブコメ映画は、一度観れば一気に全話見たくなること間違いなし!

 

ただ、やっぱりラブコメ映画を観るなら無料で観たいですよねー!!

 

そこで、ラブコメ映画全話を無料視聴したいという方におすすめなのが『U-NEXT』という動画見放題サービスです!

 

このU-NEXTでは、日本のドラマ・映画に限らず、今回ご紹介したドラマをはじめ最新の海外ドラマもDVDが発売される前から見ることが出来ます!

 

また、マルチデバイスにも対応しており、家にいる間だけでなくスマートフォンやタブレットなどでも視聴することが可能なので、好きな時に好きな場所で視聴することが出来るのです(≧∇≦)/

 

しかも、今なら31日間無料キャンペーンも開催されているので、最初の月はタダで動画が見放題となるのです!!

 

このキャンペーンはいつまで開催されるか分からないので、今のうちに登録しておくことをおすめします!

 

観たい作品にもサクサクと出会えるので、ぜひ『U-NEXT』を利用してみてください♪

 

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。

 

最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に違法です。

 

その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので安全な方法で視聴することをおすすめします!!

 

まとめ

ラブコメ 映画 洋画 新作

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/nikoniko/diary/?PageId=1&ctgy=5

今回は、洋画の中でも比較的新しい作品のラブコメをご紹介しました。

 

コメディーには真理をついたような不思議な力を見ることがあります。

 

それがコメディーの醍醐味なのかもしれませんね!!

 

洋画のラブコメ映画は、ぜひ『U-NEXT』を使って無料で安全快適にご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。