キム・レウォンが現在激やせ?!VOGUEで自身の演技観について語る!?

キム・レウォンが現在激やせ?!VOGUEで自身の演技観について語る!?

キム・レウォンが出演するホラー映画「犠牲復活者」に関する話として、雑誌「VOGUE」にキム・レウォン自身の演技観について語られたインタビューが掲載されました。

同誌にはメイク無しの飾らない姿で撮られたキム・レウォンのグラビアも掲載され、普段ありのままのキム・レウォンの姿をかいま見る事が出来ます。

今回は、そんなキム・レウォンが雑誌「VOGUE」に語った、貴重なインタビュー内容についてご紹介していきます。

 

 

キム・レウォンがインタビューで語った演技観とは?

キム・レウォンが現在激やせ?!VOGUEで自身の演技観について語る!?

出典:http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2079040

「演じている時はその人(演じるキャラクター)になるために出来るだけ努力をする。」

「現場で演技をするより自分自身がそのキャラクターになって、キャラクターの一生を見せようと努力をする。」

 

キム・レウォンは雑誌「VOGUE」のインタビューの中で自身の演技観・俳優観についてそう語っています。

今年10月20日から公開が始まった映画「犠牲復活者」は、キム・レウォンのスリラー映画初主演となる作品。

 

そんな今作においても、俳優としての個性や我を押し出すよりも、自身の演技は抑えめにして監督の意向や映画のストーリーを際だたせるようにしたんだとか。

韓国国内だけでなく日本でも演技派俳優として知られるキム・レウォンですが、その成功の陰には作品の世界観を第一とする俳優としてのこだわりがあるようです。

 

 

キム・レウォンが現在激やせ?!演技へのこだわりとは?

キム・レウォンが現在激やせ?!VOGUEで自身の演技観について語る!?

出典:http://lemonsperk.com/post-2508-2508/2

今回キム・レウォン出演最新作となる「犠牲復活者」では、主人公のジンホン役を演じているキム・レウォン。

過去に強盗殺人の被害者として殺されたはずの母親がよみがえり、その母親に命を狙われながらも事件の真相を追っていく主人公を見事に演じています。

かといってキム・レウォンの演技が派手すぎる事も無く、スリラー映画の真の主役ともいえるクリーチャーやおどろおどろしい世界観を上手く引き出す事に成功しています。

 

今回の作品のように、自身が目立つ事よりも、作品の世界観やキャラクターの魅力を最大限に引き出す事を大切にしている俳優キム・レウォン。

そんな俳優としてのこだわりは、彼が出演する他作品からもよく見て取れます。

 

例えば2015年に公開された「江南1970」では役作りのために15kgも減量し、その年に放送されたドラマ「バンチ」ではそこからさらに5kg以上体重を落としました。

「バンチ」では余命宣告された検察官の主人公を演じており、ストーリーが進むにつれて徐々に痩せ細っていく主人公を、これも見事に演じきりました。

 

その結果、キム・レウォンの演技は多くの視聴者から絶賛され、現在のような韓国屈指の銀幕スターの仲間入りを果たす事になったのです。

このように、現在のキム・レウォンの成功の陰には、私たち一視聴者では知る事の出来ない苦労やこだわりが隠されていたんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。